すっぴんメイクでBBクリームを使う時のメイクのポイント

通常、肌は化粧下地・ファンデーション・場合によってコンシーラー・最後にフェイスパウダーの順番で仕上げていきます。
このように、化粧品で作り込んだ肌は、どうしても厚塗り感が出てしまい、肌の透明感が失われてしまいがちです。

最近はナチュラルなすっぴんメイクが流行しているので、一般的な方法は不向きと言えます。
より自然な仕上がりにするには、BBクリームがお勧めです。

この化粧品は日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーといった機能が、1つにギュッと詰まっています。
ですので、スキンケアをした後、クリームを塗り広げるだけで、しっかりと肌を作る事が可能です。
しかも、化粧品を重ね塗りする必要が無いので、ナチュラルなすっぴんメイクが、素人でも簡単にできます。

ただ、塗り方を間違ってしまうと、やはり厚塗り感が出てしまうので、ここではBBクリームを使う時のポイントを、紹介したいと思います。
まず、クリームを規定の量とり、おでこ・鼻・頬、あごに置いていきます。
そして、顔の中心から外側に塗り広げましょう。
顔全体にクリームを同じ厚さで塗ってしまうと、厚塗り感が出てしまうのはもちろん、立体感の無い顔になってしまうのです。
BBクリームは顔中心から、フェイスラインにかけてグラデーションになるような感覚で、塗るとナチュラルなメイクなるのでお勧めです。

すっぴんメイク