メイクアップアーティストになるための学校ってあるの?

最近は、メイクアップアーティストになりたいという人が増えているので学ぶための学校の選択肢も広くなっています。以前は女性が多かったかもしれませんが、今では男性も多くメイクアップアーティストとして活躍しています。一般的には美容学校で美容師の資格を取ってからフリーで活躍しているメイクアップアーティストの見習いから始めるというのが主流です。

美容学校と行っても、美容室で美容師として働きたい人に特化した専門学校では無く、メイクアップの授業のコマも多いところを選ぶと良いでしょう。メイクアップアーティストになりたいのだから美容師の免許は関係ないのではと思う方もいるかも知れません。しかし、美容師免許は美に関する国家資格であるため、持っていた方が有利です。具体的な学校で言えば「東京モード学園」では、メイク・ネイル学科というのがあり、卒業生の方もメイクアップアーティストとして多くの人が業界で活躍しています。メイク・ネイル学科の中にメイクアップスタイリスト専攻科があるので、さらに深く勉強することもできます。実際には、メイクにも力を入れている何校かの美容学校の説明会などに行って比較してみるのがオススメです。

50代に人気のファンデーションランキング

タグ